日本ファイナンシャル・プランンナーズ協会認定
AFP養成研修受講のご案内

基本コース

1.AFPの資格概要

「AFPとは、Affiliated Financial Planner(アフィリエイティッド・ファイナンシャル・プランナー)の略称で、日本FP協会独自の国内ライセンスです。FPとして必要な基礎的知識を有し、顧客のニーズに対して適切なアドバイスもしくは提案書の作成技術を持つFP技能者に与えられます。

●顧客に対してファイナンシャル・プランニングを行うための基本的なインタビュー技術、提案書の作成技術、プラン実施援助のための諸知識を有していること。
●顧客に対してファイナンシャル・プランニングを行うための、ライフプラン、金融、証券、保険・年金、ローン、不動産、税金等の幅広い基礎知識を有していること。
●顧客を指導、支援する上で、ファイナンシャル・プランナーとして必要な経済、法律、税務の一般知識を有していること。
●ファイナンシャル・プランナーとして、顧客の利益を最大限に守る高い職業的倫理観を有していること。
●社会的職業人にふさわしい教養、知識を有していること。

                  (日本FP協会発行「FPライセンスガイド」より)

2.AFP資格及び2級FP技能士資格取得ステップ

ステップ 1

日本FP協会認定AFP認定研修を修了
    ↓

ステップ 2


AFP資格審査試験に合格
日本FP協会AFP資格審査試験と2級ファイナンシャルプランニング技能検定試験は共通の試験となりましたので、1つの試験合格で両方の資格取得が可能です。
    ↓

ステップ 3

日本FP協会に個人正会員として入会

3.AFP認定研修の概要

鞄税ビジネスサービスは、日本FP協会の認定教育機関であり、同社のAFP資格取得研修は、協会の認定研修です。
@研修を修了 AAFP資格審査試験に合格 B協会に個人会員として登録
されますと、AFPライセンスが授与されます。

ステップ 1
AFP認定研修を修了

(1)研修形態  効率的で実践的な通信講座

●ご自分の都合に合わせて、ご自分のペースで学習できます。
●問題に慣れるよう実践的な問題集を用意しています。

(2)研修期間  教材をお届けした日より3ヶ月以上1年以内

(3)研修修了の認定基準

@確認テスト(全7課目)を期限内に提出すること

A提案書課題を期限内に提出し、合格すること。
※合格点は60点以上。60点未満の場合は、再提出となります。

(4)履修課目  8課目
@FP基礎
@〜F
AFP資格認定試験課目(7課目)
A金融資産運用設計
B不動産運用設計
Cライフプランニング・リタイアメントプランニング
Dリスクと保険
Eタックスプランニング
F相続・事業承継設計
G提案書の作成

(5)教   材

FPテキスト(全8冊) ※下記の@・Aより、ご希望の教材をお選びいただけます。

@テキストコース・・・・・・・・・・・・・・・・・・58,800円(税込)
Aテキスト+CDコース・・・・・・・・・・・・・77,700円(税込)

@テキスト
コース
Aテキスト+CDコース

教材内容
FPテキスト
(全8冊)

初学者でも読んでわかる!をコンセプトに、コラムやケーススタディを多く盛り込んだ東京FPオリジナルテキストです
要点講義CD
(全14枚)

FP基礎/金融/不動産/ライフ・リタイヤ/リスク/タックス/相続の7分野について、各分野約2時間強(全14枚)の要点講義を音楽用のCDに収録しています。
FPダイジェスト
基礎編

重点ポイントのまとめと学習内容の理解度チェックのための○×問題を融合させた参考書兼問題集。
CD−ROM
提案書課題作成ツール

講座の修了要件のひとつ「提案書課題」を作成するための作成ツール(Windows対応)です。
確認テスト

講座の進捗状況にあわせて理解度をチェックする添削問題(100問)です。
提案書課題

講座の修了要件である提案書課題や、作成のためのワークブック、Q&Aが盛り込まれている冊子です。

(6)学習方法

●提案書

●確認テスト 

解答・提出
★解答用紙(7回分)をFAXにてお送りください。7回分まとめて提出できます。




@FP基礎A金融資産運用設計 
B不動産運用設計Cライフプランニング・リタイアメント プランニング
Dリスクと保険Eタックスプランニング F相続・事業承継設計

答案返却
★確認テスト採点後、解答と解説をお送りいたします。

(7)研修修了    @研修を修了されますと、修了証明書をお届けします。
             A研修修了日の翌月10日頃に協会へ修了データを通知します。
※協会への修了通知は、月1回(毎月10日頃)となります。
研修修了日により協会へ通知するまでの期間が異なりますのでご注意ください。

ステップ 2
2級FP技能検定試験認定試験(AFP資格審査試験)に祝合格
(1)実施時期    年3回実施
(2)出題分野    学科試験 マークシート4択式   120分 60問 100点満点
             実技試験 記述式          90分 40問 100点満点
                                (学科・実技とも60%で合格)
        試験範囲の細目は日本FP協会ホームページをご参照くださいhttp://www.jafp.or.jp/
(3)受験料     実技試験 4,500円(非課税) 学科試験4,200円(非課税)

ステップ 3

日本FP協会への登録
(1)日本FP協会より入会手続き書類が送付されます。

(2)日本FP協会へ登録手続きをされますと、AFP資格認定証が発行されます。
    入会金10,000円/年会費12,000円
    ※登録申請有効期間は、2級FP技能検定試験合格(学科試験及び実技試験の両試験
     合格後)の翌々年度末です。

(3)AFP資格認定者には、2年ごとの資格更新が義務づけられております。
※資格更新には2年間で15単位の継続教育が義務づけられており、この継続教育をクリア(15単位取得)
することが会員資格更新の条件となります。(単位取得方法など詳細は登録完了時にお知らせいたします)

4.受講の申込み

●提出書類 : 受講申込書はFAXにて京都税理士協同組合事務局まで
        (勤務先またはご紹介税理士の税理士登録番号をご記入ください)

【提出先】  京都税理士協同組合事務局 FAX 075−222−2355

●受講料の振込 : 受講希望コース【@テキストコース 58,800円(税込)または、Aテキスト+CDコース 77,700円(税込)】のいずれかを選び、受講料を認定研修機関である、
鞄税ビジネスサービスの下記口座にお振込みください。

【振込先口座】 ※振込手数料は受講者ご負担でお願いします

金融機関 : みずほ銀行 新宿支店

口座番号 : 普通預金 516103

口座名義 : 鞄税ビジネスサービス

●教材のお届け : 「受講申込書」の受領と受講料のお振込確認後、
2週間程度でお届けします。

5.AFP養成研修実施機関

日本FP協会認定教育機関である、鞄税ビジネスサービスが、当組合の指定研修機関として、AFP養成研修を実施します。

 京都税理士協同組合指定(日本FP協会認定教育機関)

鞄税ビジネスサービス FP研修事務局(担当:山川・川端・鈴木・高木)

〒163−1588東京都新宿区西新宿1−6−1新宿エルタワー29階
電話 03−3340−4488 FAX 03−3340−6702
戻 る